参加する際のゴルコンでの服装について解説!男性と女性のポイントです

 

【公式】ゴルフコン東京
ゴルコンスケジュールはこちら


インドアのシュミレーションタイプ、コースを周るラウンドタイプの2種類のゴルコンを東京で開催。ゴルフも合コンも楽しみたい方にピッタリな合コンパーティーです。

ゴルフコン東京

ゴルコンに参加する際の服装はどうすればよいのか

 

男性が参加する場合の服装

 

ゴルコンに限らず、ゴルフには暗黙のルールのようなものがあります。そのひとつが服装です。ここでは、男性がゴルコンに参加する場合の服装についてご紹介していきたいと思います。

 

まずは、ゴルコンでゴルフをプレーする際の服装です。トップスは基本的にポロシャツでOKですし、襟がついているシャツや袖がついているシャツ、ハイネックやタートルネックといったものでもOKです。

 

ボトムスに関しては、チノパンでOKです。その他のロングパンツでもOKなのですが、短パンなどになってくると微妙なラインになってきます。短パンなどがOKでもハイソックスをはかなければいけないこともありますので、事前に確認しておきましょう。

 

シューズは言うまでもなく、ゴルフシューズです。ゴルフシューズであれば、ソフトスパイクかスパイクレスかという選択になってくるかと思います。

 

では、今度はNGな服装についても知っておきましょう。トップスに関しては、いわゆるラフな格好に見えるものはNGです。Tシャツやタンクトップ、ジャージなどもNGですし、迷彩柄のものや首にタオルをかけるのもNGです。

 

ボトムスに関しては、ジーンズやジャージ、ホットパンツなどがNGになります。腰にタオルを巻いたり、かけたりするのもNGです。

 

シューズに関しては、サンダルや草履、下駄、ゴルフ用以外のスニーカー、メタルスパイクのシューズなどがNGとなってきます。

 

では、行き帰りの服装はどうなのでしょうか?基本的にはプレー中と同じと考えていいでしょう。ただ、少しばかり違いがありますので、注意しておきましょう。

 

例えば、行き帰りではジャケット着用がルールとなっているコースもあります。それでも夏場はジャケットの着用はなしでOKとなるところもありますので、事前にチェックしておきましょう。

 

また、靴に関してですが、やはりゴルフシューズとは別のものを用意しておいたほうがいいでしょう。基本的に革靴であれば問題はないと考えていいです。サンダルやスリッパなどは言うまでもなくNGです。

 

ご存知のように、ゴルフというのは紳士のスポーツです。紳士的であるかどうかという部分が服装においてもひとつのポイントになってくるのです。

 

高級店に行くときの服装をイメージしておくと、ゴルコンで変に浮いてしまうということもないでしょう。ゴルフ場にはドレスコードがあるケースも珍しくないのですが、ゴルコンであればそこまでのことは求められないかと思います。

 

ただ、それでも事前に確認しておくに越したことはありません。注意しておきましょう。

 

女性が参加する場合の服装

 

先では男性がゴルコンに参加する場合の服装についてお話ししましたが、ここでは女性がゴルコンに参加する場合の服装についてご紹介していきたいと思います。基本的なスタンスは男性の服装とそう変わりはありません。

 

まず、ゴルフをプレーする際の服装についてです。トップスは襟がついているシャツや袖がついているシャツ、ハイネックやタートルネックといったものがOKになります。ワンピースは微妙なところで、コースによってはOKにもNGにもなります。

 

ボトムスに関してはチノパンなどのロングパンツやスカート、キュロット、ハーフパンツといったものがOKとなっています。ショートパンツは微妙なところですが、丈が短いものはNGと考えていいでしょう。

 

シューズに関してですが、これは男性と同じようにゴルフシューズになります。ソフトスパイクかスパイクレスのゴルフシューズを選ぶようにしましょう。

 

では、今度はNGな服装についてです。トップスに関しては基本的にラフな格好はNGです。Tシャツやキャミソール、ジャージなどはNGですので、注意しておきましょう。

 

ボトムスに関しては、丈の短いスカートやパンツがNGとなります。他にもジーンズやジャージなどがNGになります。

 

シューズに関しては、サンダルや草履、ゴルフ用以外のスニーカー、メタルスパイクのシューズといったものがNGとなります。注意しておきましょう。

 

次に、行き帰りの服装についてです。基本的にはゴルフをプレーするときと同じなのですが、男性ほど気にする必要はないかもしれません。

 

例えば、男性の場合にはコースによってジャケットの着用が必要になるという話をしましたが、女性の場合はジャケットの着用を求められないことも珍しくありません。しかしながら、だからといって女性は絶対にジャケットの着用を求められないというわけではありませんので、事前にチェックしておきましょう。

 

靴に関してはゴルフシューズを履いていくのがNGというコースもありますので、綺麗めな靴を用意しておくといいでしょう。サンダルやスリッパは言うまでもなくNGで、高級なお店に行くときの靴で、ヒールは低めということであれば無難かと思います。

 

先でもお話ししましたが、ゴルフというのは紳士のスポーツです。ただ、もっと言うと紳士淑女のスポーツなのです。

 

服装に関しては淑女と呼ばれるにふさわしいかを考えるといいかもしれません。ゴルコンという形であればそこまでのものは求められないかとは思いますが、名門コースであればドレスコードがある可能性もあります。

 

そういったところも含めて事前に確認しておくようにしましょう。

 

ゴルコンでの服装は思っている以上に大切!

 

ゴルコンに参加する方の中には、それこそこれまでの人生の中でゴルフに興味を持ったことが一度もなかったという方もいるかもしれません。そこまでではないにしても、ゴルフをよく知らない方にとっては初耳である暗黙のルールというものがいろいろとあるものです。

 

服装もまさにそのひとつなのですが、ゴルコンでの服装というのは思っている以上に大切なポイントになってきます。というのも、ゴルコンにおける服装というのはふたつの見極めポイントでもあるのです。

 

ひとつはマナーを守っている服装であるかどうかです。これによって、常識のある人なのかという部分を見極めることになります。

 

もうひとつはオシャレであるかどうかです。ゴルコンではゴルフをプレーしているときの服装と行き帰りの服装というふたつのパターンの服装がチェックできますので、その人のセンスを見極めることができるのです。

 

男性からするとどれだけスタイルがよくて綺麗な女性であっても、ゴルコンで非常識な服装をしていたり、壊滅的なファッションをしていたりすると気持ちが冷めてしまうでしょう。同じように、女性からしても背が高くてどれだけイケメンな男性であっても、周りから浮くような非常識な服装をしていたり、一緒に歩きたくないと思ってしまうようなファッションをしていたりすると引いてしまうものです。

 

出会いを求めるゴルコンにおいて、見極めるべきポイントというのはいろいろあるものです。しかしながら、その中で常識があるのかといった部分やファッションセンスは普段なかなかチェックできないところです。

 

ゴルコンという場において、ゴルフのプレー中の服装と行き帰りの服装をチェックできるからこそ、常識の有無やファッションセンスを見極めることができるのです。自分が相手をそういったところで見ているように、相手も同じように自分を見ているものです。

 

そういった視点も忘れないようにしておきたいところです。


▲ ページTOP