ゴルコン4種類のスタイル お手軽な「インドアのシュミレーションタイプ」

 

【公式】ゴルフコン東京
ゴルコンスケジュールはこちら


インドアのシュミレーションタイプ、コースを周るラウンドタイプの2種類のゴルコンを東京で開催。ゴルフも合コンも楽しみたい方にピッタリな合コンパーティーです。

ゴルフコン東京

ゴルコンには4種類のスタイル インドアのシュミレーションタイプ

 

ゴルコン インドアのシュミレーションタイプのメリット

 

日焼けする心配がない

 

ゴルコンにはインドアのシミュレーションタイプのスタイルもあるのですが、そのメリットのひとつとして挙げられるのが日焼けする心配がないという部分です。ゴルコンにはあまり関係がないような要素に思えるかもしれませんが、意外に重要なポイントになってきます。

 

というのも、ゴルフというのは通常屋外で楽しむものです。ただ、屋外でプレーすることになるとやはり日焼けの心配が出てきます。

 

しかも、ゴルフを屋外でプレーする場合、長時間拘束されることになりますので、より日焼けもしやすいですし、日焼けの度合いも高くなってくるのです。中には、日焼けが気になってゴルフにも出会いにも集中できないという方もいるかもしれません。

 

そういった方にとって、インドアのシミュレーションタイプのゴルコンというのはまさに理想的なスタイルなのです。日焼けの心配をすることなく、ゴルフと出会いに集中することができるのです。

 

性別や年齢に関係なく、美容のために日焼けを避けているという方もいれば、健康上の理由で日焼けを避けているという方もいるでしょう。どちらにしても、安心してゴルフも出会いも楽しむことができるのです。

 

ゲーム感覚で楽しめる

 

実際にインドアのシミュレーションタイプでゴルフをプレーしてみると、思っている以上に楽しめることに気づくでしょう。インドアのシミュレーションタイプでは室内で、スクリーンなどに映像が映し出される形でゴルフをプレーすることになります。

 

ゲームの世界に飛び込んだかのような、ゲームをしているかのような感覚で楽しむことができるのです。ゴルフに敷居の高さを感じている方であっても、インドアのシミュレーションタイプであれば安心できるでしょうし、始めやすいのではないでしょうか?

 

ゲームのような感覚で楽しむことができるからこそ、コミュニケーションにも積極的になれます。ゴルフのプレーも楽しみながら、他の参加者との会話も楽しめるのです。

 

楽しめるからこそ、円滑なコミュニケーションが可能になるのです。

 

物理的な距離が近い

 

インドアのシミュレーションタイプの場合、会場自体はそう大きくありません。ゴルフというと広々としたゴルフ場でおこなうイメージがあるでしょうが、インドアのシミュレーションタイプであればそれこそ一般的なトレーニングジムと同じような規模で楽しむことができます。

 

あまり大きくないということでガッカリする方もいるかもしれませんが、会場があまり大きくないことによって物理的な距離が近くなります。物理的な距離が近くなると、心理的な距離感も近くなりやすいものです。

 

人にはパーソナルスペースというものがあるのですが、このパーソナルスペースに入り込むことによって気持ちの面での距離がぐっと近づきやすくなるのです。インドアのシミュレーションタイプのゴルコンだからこそ、気になる相手のパーソナルスペースに入り込みやすいのです。

 

これは出会いを求める場において、大きなメリットになります。会場が大きくないインドアのシミュレーションタイプのゴルコンだからこそ、出会いのチャンスも増えてくるのではないでしょうか?

 

プレーデータがわかるから上達しやすい

 

インドアのシミュレーションタイプのゴルフでは、ただ映像が映し出されるだけではなくプレーデーターといったものが表示されることがほとんどです。つまり、自分のプレーをデータとして見える化させることができるのです。

 

プレーデータが見えるようになると、自分のプレーを客観的に分析できるようになります。これによって、ゴルフが上達しやすくなります。

 

ゴルフが上達するとゴルフも楽しくなりますし、自分にも自信が持てるようになります。出会いにも積極的になれるでしょうから、プラスのサイクルが生まれて、ゴルコンでいい成果を得られる可能性もたかまってくるのです。

 

天候に左右されない

 

インドアのシミュレーションタイプのゴルコンにおけるメリットとしては、天候に左右されないという部分も挙げられます。もともとゴルフというのは屋外さプレーするスポーツなのですが、屋外だとどうしても天候に左右されてしまう部分が出てきます。

 

特に、ここ最近は異常気象が当たり前になりつつあります。突然、気候がおかしくなってしまうこともあるでしょう。

 

せっかくスケジュールを調整していたのに当日に天候が悪化しゴルコンが中止になってしまうこともあるでしょうし、ゴルコンがスタートしたものの天候の影響から途中で解散となってしまう可能性もあります。しかしながら、インドアのシミュレーションタイプであればそういった心配はありません。

 

インドアのシミュレーションタイプだからこそ、天候に左右されることなく、決められた日時にきっちり開催されるのです。スケジュールを縫って参加するという方でも安心なのです。

 

ゴルコン インドアのシュミレーションタイプのデメリット

 

いまいちゴルフをしている気になれない可能性がある

 

ゴルコンにはインドアのシミュレーションタイプのものもあるのですが、そのデメリットとしてまず挙げられるのが「いまいちゴルフをしている気になれない可能性がある」という部分です。というのも、インドアのシミュレーションタイプだとゴルフがスポーツというよりも、ゲームのような感覚でできてしまうのです。

 

通常、ゴルフというのは、屋外の広々したところでプレーするスポーツです。そのスポーツをインドアでおこなうという時点で、違和感を抱く方もいるかもしれません。

 

それに加えて、インドアのシミュレーションタイプとなってくるとスクリーンなどに映像が映し出されることになります。これによって、ゴルフが一気にゲームっぽく感じられるようになるのです。

 

もちろん、それがいいという方もいるのですが、やはり手間をかけてでも本格的なゴルフをやりたいという方にとっては受け入れがたい部分もあるかもしれません。仮にインドアのシミュレーションタイプでゴルフをしても、いまいちゴルフをしているような気分になれない可能性があるのです。

 

手軽でいいからゴルフをしたいという方にとってはこのゲーム感覚がプラスに働いてくれるのですが、本格的なゴルフを希望している方にとってはゲーム感覚がマイナスに働てしまうのです。

 

距離が近すぎて窮屈に感じる可能性がある

 

インドアのシミュレーションタイプのゴルコンでは、あまり大きくない会場でおこなうことになります。一般的にゴルフというと広々としたゴルフ場でおこなわれるイメージが強いでしょうが、インドアのシミュレーションタイプであれば本当にちょっとしたスペースでできてしまいます。

 

基本的に一般的なゴルフ場と比べると、インドアのシミュレーションタイプというのは会場が小さくなります。もちろん、そのこじんまりとした感じがいいという方もいるのですが、人によっては距離が近すぎて窮屈に感じてしまうということもあるかもしれません。

 

というのも、会場が小さくなればなるほど、人と人との距離も近くなってしまうからです。人にはパーソナルスペースというものがあるのですが、これが不利に働いてしまう可能性があるのです。

 

男女の出会いにおいて、このパーソナルスペースに入り込むのはひとつのテクニックです。それによって距離をぐっと近づけることができるのです。

 

しかしながら、一般的に人はパーソナルスペースに入り込まれると不快感を抱くとも言われています。つまり、うまくいくかどうかはその人次第ということになってくるのです。

 

インドアのシミュレーションタイプであれば必然的に距離が近くなり、パーソナルスペースに入り込むことができるのですが、それがマイナスに働いてしまう可能性もあるのです。これはインドアのシミュレーションタイプだからこそ起こり得るデメリットと言えるかもしれません。

 

換気が気になる可能性がある

 

インドアのシミュレーションタイプの場合、言うまでもなく室内でおこなうことになります。もちろん、どのような会場でゴルコンが開催されるのかにもよりますが、室内だからこそ換気が気になることもあるかもしれません。

 

先でもお話ししましたように、インドアのシミュレーションタイプだとそう大きいところではありません。極端な話、ちょっと広めなマンションの一室などでもできるわけです。

 

もちろん、ゴルコンであればある程度の広さが確保された会場を選ぶことにはなるでしょうが、一般的なゴルフ場と比べると狭いですし、密閉された空間になってしまいます。そのため、換気が気になって息苦しいような気がしてしまうということもあるかもしれないのです。

 

日頃から狭い室内に慣れている方であればどうということはないでしょうが、屋外にいることに慣れている方や屋外でのゴルフのプレーに慣れている方にとっては気になってしまうかもしれません。

 

インドアのシミュレーションタイプが自分に合っているのか確認しておこう!

 

ここではゴルコンにおけるインドアのシミュレーションタイプのデメリットについてご紹介しました。ただ、インドアのシミュレーションタイプのデメリットというのは個人差によるところが大きい傾向にあります。

 

要は、インドアのシミュレーションタイプに参加する方全員に共通して言えるデメリットというわけではなく、その人とインドアのシミュレーションタイプの相性の部分が大きいのです。だからこそ、ゴルコンのインドアのシミュレーションタイプに参加するのであれば、インドアのシミュレーションタイプが本当に自分に合っているのかという部分を事前にしっかりとチェックしておきましょう。

 

場合によってはゴルコンに参加する前に、インドアのシミュレーションタイプで実際にゴルフをプレーして感触を確かめてみるのもひとつの方法です。


▲ ページTOP